練習とか機材とか

寒いでした。
BUNでございます。

すごい寒さと雨、更に低気圧。
5/3がこうならぬよう祈るばかりですが
きっと100人近いファンの皆様から力を頂き
あたしは元気に笑顔でギターをかき鳴らすの。

今日は繊細な物販CD制作はお休みにして
ええ、この体調だと集中力が持たないので
オケをループで鳴らしながら、ダラダラと
ギターを好き放題に弾いてるのが気持ちいい。

しかしね、思うんですよ、ありがたいなぁと。
確かにあたしはあれらの曲の制作者ですよ。
でもあれらの曲の制作中はあたしほぼ
鍵盤弾いてましたしギターはデモ作る時と
本チャンのレコーディングの時だけ。

なのに睡蓮ライブと言えば、
あたしのギターを聴きにたくさんの方が
遠方より来て下さる。
本物のファンの皆様ですよ、あたしの誇りです。

まぁ、シンセの鍵盤を弾くあたしは
ミステリアスのままで(笑)
まぁ、いつかあたしが生のピアノ弾いて
Soukoが二胡を弾くようなアダルティなライブも
してみたいな、と思います。

とりあえず今回のようにあのゲームそのままの
オケでギターを生演奏するライブは最後になります。
新曲はたくさんありますから、あたし達は前を向いて
過去の曲をやらず、新曲のみの最小ライブや
他のミュージシャンのゲストサポートは続けたいとは
思いますが、それもあたしの病気が改善しての話。

最後は本当に最後です。
次はありません。

聴きたいと本気で思う方に来て頂きたい。
その中であたしは弾きたいと思うギターを弾きます。
ライブですからゲームの中のまんまではありません。
二胡という珍しい楽器も入りますし、あたし作ですが
Alkione氏が制作したオケも彼のセンスを余すとこ無く
オリジナルを超えて作って欲しいと打診しました。

今回、Alkione氏にはせっかくなので色んな提案を
持って相談しましたが、やはり今回も
彼なりのライブの楽しみ方をしたいとの事で
ライブ中にせめて紹介はさせて頂きますが、
彼からの願いでもあるので、そっとしてあげて下さい。
なので彼もライブ中はお客様の席におります。
ステージの演者側はいくら写真を撮っても構いませんが
客席でお客様のお顔が入ってしまう撮影などは
お控えなすって頂けますと幸いです。

今後、彼がオリジナル曲を作る時には今回のお礼と友情のもと
あたしのギターやSoukoの二胡、或いは
手弾きのピアノで参加させて頂きますのでお楽しみに。

さて、今回のライブ。
Soukoは中国数百年前の宮廷家具から切り出した二胡と
シンセはKorg X5Dを使用します。X5Dはタム時代に
MクンとUさんが使う為に、あたしが発注した鍵盤であり
軽くて扱いやすくて良い機材だと思います。
あたしは88鍵のアレシスでした。

あたしの機材はこちら
画像


フェンダーUSA カスタムショップ マスタービルダー
フルオーダーストラトキャスター 70'sモデル

→エフェクターは タム時代から使う
サンズアンプ Teck21 GT2 一個のみ

Martin USA D-18 ヴィンテージ仕様
サイドバック フィギュアドマホガニー

→L.R.Baggs パラアコースティックDIのみ

あたしマルチエフェクターとか嫌い。
箱にたくさん安いエフェクター入れるのも
大昔やったけど、だんだん少なくなって1個になりました。
なんならアンプ直結で真空管でドライブさせたい。
自分でメサブギーのアンプとかホントは持って行きたいくらい。
ごまかしは全く効きませんが、音はピュアで太いと思います。

そんなんでね、今日は具合悪いながら
ギター触って遊んでおりました。
明日は定期通院日であります。
0

この記事へのコメント