得之弦外

アクセスカウンタ

zoom RSS 万年筆ってイイじゃん

<<   作成日時 : 2019/02/19 19:04   >>

トラックバック 0 / コメント 4

こりゃ沼にハマったな。
BUNでございます。

まず

特別区民税 都民税申告。

本日朝、久しぶりに通勤ラッシュのバスに乗り
区役所に行って諸々やって来ました。
昨年はダラダラしてて、3月になってから
平日なら大丈夫だろうと思ってたら
196人待ち、推定6時間待ちと、、、。

なので今日は6:30に発作で目覚めてしまって
もう眠れないので、そのまま無理にシャワー浴びて
去年の轍は踏まぬと、しかし、鎮痛剤に飲み物、
小説にクソガキ対策の耳栓と万全の長時間対策もして
区役所開店?前の8:00現着、8:30に役所に入り
なんと6番目をゲットして9:00の受付開始で

8列に担当者がおりますので6番目は第一陣!

2分

で終わりました。
あたしが終わるの一番早かった(笑)

人事のお仕事も約10年やってましたので
記入すべきところは書いて、必要な書類
おそらく必要になるであろう資料の控えとか
医療費のメモまで、これは見やすいと受理され。

まだあたし、仕事デキるぞ(笑)

実はこれ郵送でも受け付けて貰えるんです。
ただ今回は法改正がありまして、知りたい事もある。
社会復帰のために社会保険労務士系の仕事の
アンテナは常に張ってはおりまして、いくつか
担当者に聞きたい事もあったし、今年から
医療費の領収書添付が必要無くなって新書式で
それの話も知りたかったわけでありまして。

来年からは郵送にしようかな、と
思うとまた法改正するんだよねぇ、めんどくせ。

と、言うわけで現在絶賛気圧低下中であります。
もちろんこのブログは布団の中からで、ええ。
それはともかく。

さて、

最近、スマホからスケジュールやら情報を
手帳に写しており、万年筆を多用してますが
ほんとアナログの良さを実感しております。

と、こんなブログをあげておきながら
どの口が言うの、とお思いでしょうが

やばい、ハマった。

限定のコレとか綺麗だよねぇ

画像


これはペン先がステンレスなので
好みにもよるのだけど。
ちと高いなぁ。

万年筆のペン先は金が良いんだそうですが、
最近安価なモデルでは鉄、ステンレスがあります。

先般も書きましたが、あたしは
独逸製のペリカンのスーベレーンM800と
こないだ買った小ぶりのM200 マーブルブラウンの
二本体制なのであります。

M800は金のペン先、M200はステンレスながら
しっかり柔らかく、書き味に甲乙はつけ難い。
どちらも良いのでありますが、やはり金なのかなぁ。

画像


気が付いたのであります。

漢字とひらがな書くなら国産万年筆では?と。

気のせいかもしれません、気のせいでしょう。
いえ、気のせいなのか?気のせいでは無いかも??

そういえば垂涎のモンブランは
マイスターシュティック149も持ってました。
手に余って某中古カメラ屋に売却してしまいましたが
あまり後悔はしてません、あまりにブランドが強くて
平社員が小せえ会社で使うもんじゃありません。
あれは国と国との約束のサインに使うもの(笑)

モンブラン 149は確か6万円くらい、
同時期に買ったペリカンM800も5万円近い。
バリバリ働いてセンター長とかやってた時代。
時計はRolex 14060サブマリーナがチャラい。
そんな時代もありましたが、その時も音楽は続けてた。

日本には世界に誇る万年筆メーカーがあります。
パイロット、プラチナ、セーラー、他。
しかもそれぞれに歴史もあるし、色んなドラマも。
そしてものすごく良心的な価格なのにとんでもない性能。

色々ネットで歴史とか調べてるとどうやら
あたしの琴線に触れるようなポスターや広告が

画像


パイロット万年筆さんは去年2018年で
100周年だったんですね。

画像


完全に戦前です。
他のメーカーさんも歴史があるんだけど
なぜかこのメーカーにクルものがあります。

画像


「戦線と銃後を結ぶ」って良いなぁ。
この検閲はされながらも、家族を思うハガキや手紙、
家族や親に送る手紙には本当に心がそのままこもってます。

他の万年筆メーカーの古いポスターとか
販売促進用の資料とか見たけどパイロットほど
心に響くものは無かったな。

手書きの文字ってすごくイイと思うの。
書いてる間は読む人の事を考えながら一文字ずつ書く。

LINEでどうの、とかメールでとか
まぁそれも使いますけど、言葉のやり取りだけです。

だからこそあたしはCDの封筒もメッセージカードも
全部手で書いてます。印刷した方が簡単でしょうね。
でも、ありがとう、の重さが手書きの方があると思う。

だからこそファンの皆さんは手書きのサインを
求めてくれるんだと、ありがたく思っています。

あと万年筆を使ってわかったのは
握力無くて筆圧が少なくてもハッキリ書けるって事。
これは大きいです、ボールペンやシャープペンは
あたしはものすごく疲れるので、宛名やカードも
実は休み休み書いてました。いえ、嬉しいから
どんどんサインもするし、手書きで書くよ。

もちろん、ブランドとか、インクの色とか
たくさんありすぎて、決める必要も無いし
個性を出せたり、気持ちを表しやすいんだけど
こんな広告もとても素敵だと思う。

画像


画像


画像


画像


他にもものすごく良い広告をたくさん打ってます。
なかにはじーんと来る、年取ると目から汗がみたいな
そんなじわじわと、久しく会ってない方に
手紙を書きたくなる衝動が湧いて来ます。

パイロット万年筆さん、ずーっと金ペン先の万年筆の
カスタム74というド定番中の定番を1万円で作って来たんだけど、
こないだ値上がりしたみたいで1万2千円になったとか。

まだ1万円のタグの付いたものがお店にあるところも
あるみたいだけど、好みのペン先のモノがあるかどうか。

安い店では3割引きで本体7000円+コンバーター500円
いろしずくインク1200円全部税込にしても1万円いかないの。
それでこれから長年傍に置いておけるペンが
手に入るなら、あたしはとても安い買い物だと思います。

ペリカンのように毎年毎年すげぇ美しい限定モデルを
出しやがるメーカーもありますが、高いんだもん舶来は。

あたしも金ペン先の国産万年筆、ひとつ欲しいな。
もちろんパイロットのカスタム74、これしか無い。
レシプロエンジンの飛行機が好きなあたしはパイロット製。

ペン先は軟細のSF ソフトファインが良い。
漢字の止め、ハネ、ひらがなの濃淡とか表現の幅が広い。
本当は軟中細のSFMなんかが万年筆らしさが出るけど
それは試し書きさせてもらって(^^)

ああ、五線譜に音符書く為のペン先もあるんです。
さすがに普段使いは出来ませんが。

コンバーターも取り付けないと、瓶のインクが使えませんからね。
インクはもちろんパイロット謹製「いろしずく」シリーズの
「深海」もしくは「月夜」のブルーブラックで。

画像


ド定番中の定番。
クリップの先が丸いのがかわいい。
つやつやですな。

こいつを革の1本刺しの
ペンケースに入れて手帳と持ち歩くのも良し。

リハーサルで譜面に色々書き込むのも
やっぱり万年筆は景色になります。

カスタム74はサイズもちょうど良い大きさです。
74の上のランクの742、743は軸も太いし長く重い。
ペン先の大きさがぜんぜん変わる。
743なんかは小説家とか家で長時間使うなら良いけど
オールマイティなのは1番安いカスタム74だと思う。

それでもオーソドックスな黒があたしは欲しいけど
ダークグリーンやダークブルー、マルーンなど渋い色も。

皆さまもいかがでしょう、
一生モノの万年筆。
壊れたら直して使う。
いくらでも修理出来ます。

こういうものはケチらず、ブランドや
限定モノとかは後でいいから、
定番と言われる一本を持てたら良いと思う。

安いから買った、そういうのは
この世界ではやめましょう。
飽きずに使えるのは定番です。
そして決して高くは無い。

どんな色のインクを使うのか
悩むのも楽しい。

画像


こーんなにあるぞー!
すげー悩むぞー!(笑)

あたしは絵画も描いてたから絵の具とか
色彩の力とか信じてるので、こういうのは弱い。
どれも良いステキな色です。

大好きな時計もアナログな機械式

画像


独逸空軍の復刻パイロットウォッチ。
これも実は大して高くはないけど
飛行時計はあたしのロマン。

万年筆も使い込んで自分のクセが付いて
手放せない唯一無二の道具になるロマン。

革製品も本物のデニムもそうだね。
あたしはそういうものに惹かれます。

バイクもピカピカの新車より、走りこんでるけど
ちゃんとメンテしてる光り方してるのが好き。

ギターなんてそれの
最たるもの。
あたしの分身と言ってもいい。

あ、雨降って来た。
メールの返信などまた遅れます。
すみませぬ。

あ、あと今回は24日のシューティングマッチは
あたし無理そうです、、、。
8時間でいい、一度も痛くて起きずに眠りたい。

では少し早いけどあたし今日は2時間半しか
寝てないので、すこし眠ります。

月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何本も買ってしまった私が言っても説得力ゼロですが,手は2本しかないんですよ.笑
といいつつ,増えるのが万年筆であり腕時計であり...もうあきらめるしかないですね.苦笑

漢字には日本製というのは確かに聞きますが,ニブポイントの形状で合わせることができるので,職人さんにお願いするのも手です.私はペン先は金がいいと思います.
とも
2019/02/20 23:47
ともさん
すみません、メールの返信もまだで(涙)
スケジュールがまだ不安定なので
も少し待ってて下さいm(_ _)m

二本もあれば十分だと思います。
コレクションしたくなりますし、
何本あってもペンなら邪魔になりませんが(笑)

ニブの研ぎはもう少し書きなれたらかなぁ。
まだ、ここをこうしてとかなかなか言えないのと
川窪さんまで行くのも大変だし(^^)
今のところ満足してますが、カスタム74は
これで打ち止めと買うつもり。

うーんでもエボナイト製のも良いよなぁ、、、。

カメラも万年筆も時計もヤバいものばかり好きで、、、。
BUN
2019/02/21 14:07
ご無沙汰しています。こんなときだけ出てきます・・・

こう言っては何ですが、いろいろ使ってみて思うのは、結局国産に行くような気がします、万年筆。

プラチナは固いので外すとしてセーラーかパイロット。でパイロットだと少し値段が高くなりますが、現行で柔らかい書き味がよければカエデ。一寸特殊ですけど。

意外と良いのはデラックス漆のM。ペン先は適度に柔らかく、MといってもペリカンのFくらいの字幅です。Fはかなり細めで、同じパイロットでも他のペンのEFに近く、カリカリ。持ち歩くのにも良いです。

全部を試したわけではないけれど、エボナイトに漆を塗った845で気に入ったペン先がみつかれば、これは良いですよ。これ使っているとモンブランとかペリカンの出番がぐっと減ります。
くずばこ
2019/02/24 00:53
くずばこさま
このHNでお呼びするのも久しぶりで嬉しいです。
この話題にコメント、お待ちしておりましたよ(^^)

僕もプラチナは考えてませんでした。
歴史から言えばセーラーなのですが、
パイロットの丸いクリップも捨てがたいです。

くずばこさんにお勧め頂いた万年筆はうーん、予算が(笑)
EFは先日買ったM200がかなり細いので手帳はOKでしたし、M800はFながら恐らく国産のMと同等の太さかと推察します。

カエデも良いし、やっぱりエボナイトも魅力。あとセルロイドも(^^)

とは言え無い袖は振れません(涙)

現段階の候補は値段からパイロット カスタム74。
もう少し奮発してセーラーはプロフェッショナルギア 銀。どちらも中字のMですが
セーラーは21金のニブが気になります。

いずれにしても試し書きさせて貰って決めようかと。
それにしても万年筆が筆圧が弱くても書いてて楽しい筆記具と
今更楽しくてスケジュールやネット公開出来ない日記を書いてて楽しくて。

今となってはMのマイスターシュティック149を売却したのも悔やまれます。

買ったらここでまたご報告致します(^^)
BUN
2019/02/24 02:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
万年筆ってイイじゃん 得之弦外/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる