得之弦外

アクセスカウンタ

zoom RSS ロマンより成績

<<   作成日時 : 2018/10/18 19:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

いえ、ギターの話ではありません。
BUNでございます。

シューティング。
あたしが音楽以外にハマりにハマってる
趣味であります。

関係ないけど今ニュースでコレよぉ

画像


もー何よコレ。
なんなら6月からのを見せて御覧なさいよ。
その頃から天候最悪だったんだから(怒)

この天気で台風とか、緩やかでも
気圧変化がほとんど毎日だからね、
そりゃ具合悪いですよ。

今年はほんと天候に関しては最悪の年です。
この病気に罹患してからも最悪。
ならばもっと早く、CD販売を再開してれば良かった。

さて、話を戻して、

いよいよ、入手しました。
画像


東京マルイ謹製、Glock18C 電動ガン。

これまではガスで動くエアガンでしたが
これはバッテリーで動きます。

どっかーん、と実銃のように撃ち応えがあって
完全機械式で実銃のように分解できて、
それがロマンなガスブローバックの銃を
これまで使って来ましたが、

この電動ガンはブローバックしません。
スライドは固定、ポスンと弾が出るだけ。
ロマンは全く無い、がしかし

恐るべき命中精度

7m以上離れて、立てておいた10円玉に当たる。
しかもそれが連続して。これは凄い。

マジで気合い入れて作ったレースガンでも
ここまでの精度を出す為にはこんな

画像


銃口の前に付けたコンペンセイターでインナーバレルを固定し
狙います!というチューブタイプの大型ドットサイトを付けて
それでもブローバックするから、着弾はノーマルの電動ガンには
銃を完全に固定して撃った場合、かなわないかもしれません。

この状態でこのガスブローバックレースガンには8万円位かかってます。
見えてる範囲でノーマルのままのパーツはスライドと
マガジンキャッチボタンだけ。他は全て社外パーツを組んでバランスを。
それが約11000円のノーマル電動アシストガンのほうが
実は冷静にスペックで観ても、負けてないどころか、なのです。

ロマンは無い。

昨今、シューティングマッチでも
成績上位者にこの電動ガンの方が多くなってます。

確かにオトコのロマンは大切です。
しかし、そのロマンを棄てたところに
見える境地があるのかもしれません。

シューティングマッチで「勝つ道具」として見た場合
恐らく電動ガンは最強でしょうね。

画像


下のがグロック17レースガン。
こんな風にスライドはホールドオープンしません。
それを味気ないと見るか、成績を取るか。

ガスはそのガス缶代が500mlで1300円ほど。
まぁ、練習で1000発撃って1/3残るくらいかな。
つまりは3回に2缶必要という事です。

電動ガンのバッテリーは一回だいたい600発撃てて
その充電にかかる電気代は1円以下。

助かる(笑)

更にガスを入れるマガジンが重たいガスガンに比べ
シューティングマッチに持って行く荷物が
笑ってしまうほど少なくなる。半分以下。

画像


ドットサイトはノーベルアームズ MRSを
DCIのマウントで装着済み、これも軽い。
ホルスターも1413円のタクティカルホルスター。
リポバッテリー、400発入りのBBローダー。
ベルトは無段階に締められる自衛隊作業用を付けてく。
あと明日届くバッテリーのマルイ用アダプターのみ。

これだけ。

ガスブローバックはレースホルスターにベルト、
重たいガスマガジンを2つに500mlのガス缶と
試合では同仕様のスペアガンを持ってった事も。
もうリュックサックは片手で持てません。

試合始まるにダウンです。

電動ガンならお気に入りのトイズマッコイの
あたしの家宝の馬革ヘルメットバックに

画像


なんなら200mlの飲み物の水筒を入れてもまだ軽い。
これは助かる。

しかし、ガスブローバックエアガンのリアルで
重量感のあるマガジンと比較して、
泣きたくなるほどカッコ悪い割り箸みたいなマガジン。
しかし、ガスブローバックグロックは25発。
この電動グロックの装弾数は30発。
悔しいが、マガジンも軽くてたくさん弾が入る、、、。

あ、バッテリーは純正は試合では
お話にならないほどレスポンスが悪いので使いません。
新たに社外品のリポバッテリーを導入します。

ちょうど今、クロネコさんが配達中です(笑)

お、来たぞー!

画像


リポバッテリー→リチウムポリマーバッテリー

今、師匠からLINEであたしを遠隔操作して頂いて
鋭意、充電中。

しかーし、あと「電動ハンドガン用アダプター」が必要で
それが届くのは土曜日なんですん、、、待ちきれん。

このリポバッテリーを使うとトリガーを引いてから
弾が発射されるまでのラグが純正バッテリーと比較して
飛躍的に早くなります。コンマ何秒の
スピードシューティングでもなんとか使えるくらい。
プレート競技なら十分なレスポンスになる筈です。

更に純正ニッケル水素バッテリーは使い切ってから充電。
なくなる直前なんて笑うほど遅い。フルオートにして
ひたすら電池を消費するという不毛な作業が必要。
しかも熱持って熱くなるからやすみ休み、、、。

対してこのリポバッテリーは追加充電可能。
なくなるまで撃つとバッテリーの寿命を短くしますが
ある程度撃って、追加充電してればサイクルも早いまま。
充電時間も数十分なので、シューティングレンジで
練習してても、休憩ーって一服して休んでれば
持ってった充電器で充電出来るので、
とりあえず予備はまだ買わない予定です。

でもスペアのリポバッテリーがあれば
練習で撃ってる時に充電しておけば
弾とコンセントさえあれば、いつまででも
撃ち続けてられる(笑)

良いことずくめではありますが、
ある使い方や無理な使い方をすると爆破、発火します。
常識的に的に使ってれば、最近のはまず大丈夫だそうです。

しかも、このメーカーのは特にオススメします。
バッテリーも充電器も。
このバッテリーを数千本、店頭で販売していた方に
直接、お勧め頂いて、お話をご教示頂き僕も
このバッテリーを選びました。

充電器、リポバッテリー、アダプター
全部で8000円弱ですが、逆にこれが無いと
電動ガンでは試合にならないと言っても過言ではない。

なので、先にとりあえずの装備を揃えれば
笑ってしまうほど、ランニングコストが安い。

ロマンは無いが。

あと、ガスガンは寒さ、冷たさに
圧倒的に弱いので、サバゲーとか野外だと
ほとんど全く撃てませんが、電動ガンは関係なし。

12/9のPMC本戦会場は地下で
確か3月でも結構寒くて、自分が撃つ番まで
カイロでマガジンを温めてました。

前回からPMCもグリーンガスの外部ソースが
あたしの要望?(笑)で、使用OKになりましたが
こちらもかなりな費用もかかるし、グリーンガス自体が
一度開けたら使い切らないといけないのに900円。
多分300発くらいは撃てらけど、経済的じゃない。、

ここのところ、あたしは外部ソースでした。
リコイルがガスマガジンと比較して
多少弱くなるので、多少具合悪くても
握力なくなっててもなんとか撃てた。

そこで、まぁ、ひとつくらい
電動ガンを持ってても良いだろうと
導入しました。

このブログの過去ログを見てる方はご存知かもですが
この電動ガン、全く同じのを過去に買ってます。

今回は違う機種にしようと思ったけど、
周辺装備がグロックのガスガンのが使えるので
まぁ、新たにホルスターや色々買わなくても良い。

本体の値段自体はガスガンとそんなに変わりません。
シューティングマッチでは必ずマガジンが
2つ必要なので、新たにひとつ買いました。

内部は買ってきたママですが、
ドットサイトを付けるにあたって
このマウントはねぇ、ほんと大変でした

ぜんぜん合わなくて。

ナイフやらヤスリやら総動員して
ゼロから作るよりマシ程度の加工をしなきゃ
付きません。エアガンの社外アフターパーツは
だいたいこんなもんで、ポン付け出来る方が珍しい。

あとは、リポバッテリーが届いてみて
実戦投入出来るか、撃ってみないとわかりませんが。

YouTubeで「マック堺」さんの動画を見る限り
凄まじい速さで撃ってるので大丈夫かな。
純正のバッテリーはほんと、笑うくらい使えない。
引き金引いてから、タイムラグがあって弾が出るから
ガスガン使ってたヒトだと、弾出る前に
次のターゲットに銃を向けちゃいそうです。

あと、これまで使ってた試合用のガスガンは
弾に回転を与えて飛距離を出す可変ホップ機能を
キャンセルし10mまでの命中精度を上げる為に
ノンホップインナーバレルに交換するのが
セオリーでした。ウチのは全部入れてます。

しかし、この電動ガンにノンホップインナーバレルは
社外品でも存在しないので、という事は
撃つ弾の重さで、放物線状に縦に弾着が変わるんですね。

なので、ドットサイトをせっかく調整しても
弾の重さを変えたら、弾の回転が変わり
当たらなくなる可能性が高い。

今回は0.25gで自宅で調整しましたが、
試合会場の温度によっては、ホップラバーが硬化して
着弾が下がる可能性もあるのではないかと推察されます。

まぁ、このへんの考察とかが
ルアーフィッシングに近いかもしれませんね。

水温、気圧、風、潮の干満、魚の居る棚で
どんどん考えてルアーの重さや色を変えていく。

ほんと、こういうものの本質のコアな部分は
あたしゃ全て一緒なのではないかと思うのです。

想像力、とも言えるかもしれません。

もちろん音楽でも同じ事が言えるでしょうね。

過程を楽しむ、どんな事が起こるのか
その対策を先に講じておけるのか、
ダメならそれが足りなかったという事でしょう。

あたしは釣りに行って、ボウズ、つまり
一匹も釣れないで帰ったことはありません。
調べに調べて行きます。

今回、初めてのリポバッテリーについては
尊敬する金子師匠!ここは完全に師匠ですよ。
ひとつひとつ教えて頂きました。

ある程度までは自力で調べる事は大切。
今や手のひらで何でも調べられる時代ですからね。
でも、それでもわからない事は
時間の無駄ですから、専門家に伺った良いと思います。

11月のプレートマッチの日程はまだですが
12月は一年待ちに待ったPMC、
プレートマスターズチャンピオンシップです。

京都から大阪から北海道から全国の
手練れも手練れ、ベテランシューターが集います。
一昨年あたしはその大会でフリースタイル満射して
最短?のマスターという称号を獲得しました。

そこでこの電動ガンが、あたしの低迷した技術と
筋力を補って、マスターの先に行けるのか。

非常に楽しみです。

その前に11/24江古田マーキーのゲスト出演で
ミュージシャンモードです。

どちらも頑張ります。
ああ楽しみ。

↓前回のPMCのあたし
画像


Soukoはレディース部門で優勝!!
画像


お隣が主催の石井さん。

楽しい事をたくさん考えよう!




月別リンク

ロマンより成績 得之弦外/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる