得之弦外

アクセスカウンタ

zoom RSS 絶対弾けない

<<   作成日時 : 2017/07/29 04:21   >>

トラックバック 0 / コメント 2

絶対という事は絶対なのです。
BUNでございます。

世の中に絶対なんてコトは無い、と
どんなコトでも諦めなければ可能性はある、と
あたしは常々思うております。

諦めるか、どうか、が
その一線だと思うのですよ、心が折れずに。

で、もっと大切な事は
続ける事です。
全てそうだと思います。

法律に反して無ければ(笑)

まぁ、読んでみてくだされ。

例えばどんな難しい事でも、世界にはそれを
出来ちゃう、やっちゃう人がいます。

金八先生も言ってました。
「我も人なり、彼も人なり」。

金八って誰だ?と聞かないで下さい。
世代です、世代。

あたしは3歳からピアノを弾いてました。
ただ途中で色んな寄り道をした(?)ので
上手くなれませんでしたが、同じ3歳から始めた人が
今や世界で活躍するピアニストになっている。

才能?

そんなものは無いとは言わないけれど
他の人より出来るような才能はソレに出逢わなければ
一生花開く事も無ければ、気付く事も無い。

それよりも、コレがやりたいんだという情熱と
自分のモノにするんだ、という努力なくして
世の中に叶うものなどありはせぬ、とあたしは思うのですよ。

因みに油彩は6歳からでしたが、小学校で水彩画で
区大会で表彰されてからやさぐれてやる気を失う。
あたしがやりたかったのは油絵、水彩ではない。

ギターは遅くて高校2年、16歳からだから遅いわね。
バイクとタバコと女は早くて、あ、それはいいか。

楽器は上手い人ほど簡単そうに弾く。

なんだソレぐらい、あたしにも出来るんじゃないか?
というわかりやすい妄想を抱きやすい。あたしもその1人。

オフコース見て本気でDX7が欲しくなったり。
南こうせつが1人でギター弾いて歌ってて
あ、これならすぐ出来そうって思った。

ヴァンヘイレンもイングヴェイも超簡単そうに弾いてたし
ギター弾いてる奴はだいたいモテてたから動機は不純なモンですわ。

ギターだっていまだにそんな簡単なモンじゃありませぬが。

結果、急に採用された音楽の仕事で鍵盤を弾かなきゃならなくなり
触った事も無いコンピュータで音楽を作るという
触った当日いきなりプロフェッショナルという災難にも見舞われ
さらにその数日後には好きであったものの、他に上手い人など
石を投げれば当たるようなギターで、本物のレコーディングスタジオで
国内有名アーティストのミキシングをするエンジニアからキューを出され

こんな運命あるんかいな、という目に遭って来ました。

それでも何とかチャンスを生かし、たかどうか
運の良い事にたくさん売れるゲームであたしの音楽が流れた。

決して自慢などではなく、そういう感じなのですよ。
当時はほんと、毎日冷や汗かいてたし、ヤバいと思ったした
何しろギターのボディでジーンズの厚い生地に穴が開くほどの時間
練習に練習して練習したわけであります。

ギターもDTMも、なぜか後から
死ぬ気で努力しなければならないという
環境に幸か不幸か置かれてきました。

ま、その結果がこんなものであるから
努力と練習は比例しないとは思いますが。

でも、そんなさすがの(笑)あたしでも
いや、これは無理!というものがあるの。

それが、本題。

二胡という楽器なのですよ。

いつもながら、長い前振りでございます。

見た瞬間、これは果たして楽器なのか?と。
ピアノはCを叩けばドの音が鳴る。
たくさんあるCの鍵盤だから、高いドなのか低いドかは
それは見てすぐわかるし、強く弱く弾くのも易い。

ギターもまぁ、どの弦で何の音が出るのかなどは
暗記してしまえばいいし、ちゃんとチューニングしてあれば
同じフレットを弾けば同じ音が鳴る。

それが楽器。

音色や弾き方などで個人差は出るものの
誰でも、触った瞬間音が出る。

それが楽器。

二胡は違う。

これ、どこを目印に押さえれば良いの?

画像


弦が2本、目印無し、ギターのような指板も無いから
強く弦を押さえれば当然音階はシャープして上がって行く、どこまでも。

あまりに恐ろしい。

信じられるのは左手で何も押さえない開放弦だけ。
全ての曲が開放弦から始まるワケ無い。

ピアノなら指、ギターなら指かピックで弾きますが、
二胡は馬のしっぽの毛を使った弓になりますが、

ヴァイオリンのように弓が取れない(涙)

画像


2本の弦の間に弓がある、だから弓が取れない。
と、言う事は、音を切る時は弓を止める、スタッカートとか
跳ねるような弾き方どうやるのよ??

弓が変な位置になった時、適正な位置まで
弦から遠ざけて元に戻すなんて簡単な事も出来ない。
もうその変な位置から始めるしか無い。音鳴っちゃうから(涙)

しかも、弦を押さえる力加減でポジションによっては
強弱が必要で、間違えるとすぐにキーッて音になる。
この塩梅が本当に無理。ヴィブラートなんて音を揺らすだけでも
どんどん音が行きたくない方に行ってしまう。

なんて不便な楽器なの。
正しい音階で弾く事すら
大変な事なのです。

それはもう



と言ってもいい。



と言ってもいい。

しかも、ペグ、つまりギターでいう弦を巻くところの
ギヤ比が1:1、さらにそれが止まってるのは木と木の摩擦抵抗のみ(笑)

画像


もう笑うしかない。
精密なチューニングをするには物凄い絶妙なチカラ加減で
摩擦抵抗を考慮しながら巻く、もしくは写真のように
金属の小さなテンションギヤを付けて、ある程度はペグで
適正チューニングに近くなったら、テンションギヤで。

二胡一つなら良いけど、今回のようにギターやピアノ、
他の楽器とアンサンブルするなら、このテンションギヤという
文明の利器は必需品です。これ無しでやってるプロもいるけど、、、、。

これはね、心が折れます。
最初はほんと、あたしがギターの片手間でやりたかったの。

とんでもないです、片手間ではとても無理。

試しに私がやってみるよ、というSoukoに丸投げした、いや、
BUN敵前逃亡というのが正直なところです。

皮もおかしいモン、鳴らす為の皮なのに
雑音が入らないようにフエルトでミュートするって、、、

画像


しかもこのちんまい木のブリッジが、
弦を緩めたら動いちゃうし。動いたら全部チューニング狂うから。

30年ギター弾いて来て、同じ弦楽器だとは到底思えない。

正直こんなのがまっとうな楽器だとはほんと思えないし
ちゃんと音が出せるまで続けられるくらいの情熱がある人って
猛烈に少ないような気がします。

それこそ3歳とかからやらないと、、、いや、
半音、クォータートーン以上、フレットが無いから
無限に音階が出てしまうから、正しい音感を持って無いと
弾けないから、、、つまり、ピアノをやってないと無理か。

常に自分以外の楽器を聴いて、その中のスケールに
合ってるかどうか、音を出しちゃってから調整する?!

絶対音感とまでは言わないが、ピアノやシンセをやってたSoukoの方が
まだ弾ける可能性があるし、変にピックや指で弾いて無いから
弓もなんとか慣れてしまえば、というコト。

でもね、これが

実に美しい音が出る。

えもいわれぬ、女性的な
まるでご婦人が話しているような。

P.P.PanicからPinkSardine、渡辺みやこまで
なぜか女性ヴォーカルばかりだったあたしが初めて
これはインストでイケるんじゃないか?

アコースティックギターと二胡だけで
色んな世界観を表現出来るんじゃないだろうか?と
思って結成したのが、睡蓮というわけなのです。

決して身近な嫁と安易に組んだワケでも
元PinkSardineのメンバーに新しい楽器をやらせて
狭い世界で組んだワケでも無いのであります。

これまじ。

あたしはこれまで女性ヴォーカルを何人?何十人?
バンドというグループで無慈悲にクビにして来たか。
オーディションまで入れたら百人は超えます、不採用。

下手なアーティストのサポートギターもギャラ頂いても
気持ちが悪くて引き受けるのを辞めてましたから。

Soukoだって初めたての頃は何度泣かしたか。
そんなんじゃお客様からお金を頂戴出来ない!と。
もっとマシになってからライブ出たいとか言え、と。

厳しいです。

特に人には(笑)

自分には、、、まぁ、その、アレだ。

あまり接する機会が無いからね、二胡という楽器。
今日はそんな二胡をご紹介してみますた。

8月12日に来れる方は生で聴いて頂きますm(_ _)m
睡蓮のオリジナル曲、つまりあたしの新譜もレコーディング予定。
ライブになかなか来られない方はぜひ。

しかしほんと、今こうやって見ても
あたしゃ弾けないわ、これは無理。

後先短い(少なくとも皆さんより)あたしなんかが
これから習得出来るものではありません。
あたしはギターがいいわ(^-^)

そんな二胡の音色もぜひ
せっかくですから、楽しみにしてて下さいな。

ライブMCであたしが恥ずかしげもなく「1本でも??」と言ったら
すかさず「2コ」という返しをしなければならない事も
追記しておきます(笑)いえ、強制はしませんが(*´-`)

画像

月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
相変わらずなかなかの毒舌ぶりでございます。
 ガキの頃、避難訓練でどうやったら助かるでしょう?と聞かれ、自分がいち早く逃げる事です。他人の事なんか知りませんと言った以来、腹黒と言われ続けた私が言うのですから間違いありません(笑)隣家の火事で自宅がお釈迦になった私が言うのだから、説得力があると思ったのですが違ったようです。
 まぁ前置きはともかく、人間なんでも1万時間やればそれなりに出来るようになる、と言われた事があります。それでも出来ない人は向いてないから早くやめた方が身の為だと。
 私も小学校低学年の時ピアノやってましたが嫌でしたね〜。発表会の前日は吐くのがお決まりでした。嫌になって手に鉛筆刺したこともありました。今でも跡が残ってます(笑)まぁ良い思い出です。でもあの時我慢してもっとやっとけば良かったと思いますよ。楽器は良いものです。ピアノのは誰でも押せば音が出るという点からいけば、始めるきっかけとしては有利だと思いますね。
 楽器に限らず簡単そうにやってこそプロというもの。やはりその道を極めた人は違います。
ABC
2017/07/29 09:27
ABCさん
1万時間続けられるか、それは確かに(^-^)
ただそれが人並みに、なのか、どうなのか
そこはその時間を技術的に使うのか、センスを磨くのか、によって
また変わってくると思います。

音楽をやりたいなら、音楽だけやっていてはだめだと思います。
それが、得之弦外、たくさん趣味や楽しいことをやって知って
それが自らの表現物の血となり肉となり、人を感動させるものが
出来るのだと、あたしは思います。

ある程度熱中して、ある程度、人に聞かせられるレベルになる事は当たり前ですが
そこからまた一段上がるには、視野を広げないとね。

なんつって。
BUN
2017/07/30 00:01
絶対弾けない 得之弦外/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる