得之弦外

アクセスカウンタ

zoom RSS 睡蓮ライブ18日前

<<   作成日時 : 2017/07/25 10:51   >>

トラックバック 0 / コメント 2

暑いです。
BUNでございます。

本当はライブの前に、
インスピレーションを貰いたくて
東京都美術館に行って、
ボストン美術館展を観に行きたいのですが、
あまりの暑さに出不精になっています。

画像


初日に行こう!と決めてたのですが
なにやら初日はイベントもあり
こりゃ混むなと踏んでやめました。

まぁ、10月までやってますから
そのうちTVで紹介される前には
行きたいと思っております。

先週、散髪に行って来たのですが、
ちと切りすぎてしまい、ライブまでに髪がのびるのか
風呂の後に乾きやすいのはこの季節助かるのだけれど
くせ毛が汗でクルクルしてしまうので、
ライブで渋く、ブルース奏者のようなハットを
かぶろうかどうか、悩んでおるところです。

出不精とはいえ、やる事は山程あるので
粛々とやる事をやらなければならないのですが。

睡蓮はPinkSardineのスピンオフユニットであり
オリジナルメンバー2人による別働隊であります。
そのうちの1人はチョロQというゲームの音楽音響制作に
関わっておりましたと、その本人によるライブが
8月12日のライブなわけでございます。

当日のセットリストは決まりました。
祭りを作る、本当にそんな感じでありますし、
これだけのファンの皆様と直接お会い出来る機会も
どうしてか今までなかなかありませんでした。

ご予約を頂いた皆様とお会い出来るのは、
何よりもあたし達睡蓮が嬉しく思っています。

PinkSardineの1stアルバムはゲームに収録する為に
依頼を貰ってレコーディングしました。
もちろん領収証を切って(笑)

1stはいわゆる1発録り、なんですね。
全員が集まって、せーのでまず録音。
誰かが間違えたら全員最初からやり直し(笑)

それからギターをまた多重録音でソロ弾いたり
ヴォーカルに合わせてコーラスを録音し
シンセサイザーも重ねていきました。

2ndは真逆で、ヴォーカル以外は宅録です。
時間をかけて多くの楽器をPCで打ち込んで
何度も直しながら納得行くまでやりなおし
1stでやった1発録りの弊害を全て排除して
一つの音、鳴ってるのかわからない音のひとつまで、
こだわりにこだわって作りました。

打ち込んだ音は全て、ひとつひとつミキサーで振り分け
1個1個の音を一つのチャンネルに丁寧に録音し
あとから音量やエフェクト、EQや音の定位を
いくらでも調整出来るようにも。

これはチョロQなどのレコーディングでやっていた
目黒ヤマハのエピキュラス スタジオで行なった手法に習いました。

ファンの皆様にとって、BUNというのは
鍵盤を叩いている打ち込み作曲家のイメージなのか、
エレキギターをガンガン弾いているギタリストなのか、
どっちなのだろうか?と考える事があります。

いえ、どちらもあたしの姿なので
どちらのイメージも正しいのです。

今回、あたしはギタリストです。
しかも、アコースティックギターという生楽器です。
SoukoもPinkSardineではデジタルなキーボーディストで
コーラスは歌ってましたが、今回は歌なし、しかも
二胡という超がつくほどのアナログな楽器です。

豪華に鳴っていたあのゲームのBGMとも
バリバリなバンドサウンドのPinkSardineとも違う。

ただ、楽器の多さ少なさが楽曲の優劣を決めるかと
いうと、全くそれは違う、とあたしは思うし
今回のライブに来て下さる皆様も、ライブを聴いた後に
なんだ音数が少なくてつまらんかった、と

言わせないようなライブにする事が大切だし
逆にこんなに新鮮だし、スタートボタンを押して始まる
曲も良いけど、もう手の届きそうな目の前で
なんならPAからではなく、人の弾く楽器の生の音が
聞こえるくらいの目の前での生演奏というのも
とても良いものですよ、と書いておきたいのです。

二胡のヴァイオリンとも違うあたたかく美しい音。
ギターの叩きつけるように激しく弦がフレットに当たるノイズと
その振動で木材が響いている音、逆に美しく響く繊細な音。
ギターってこんなに色んな音が出るんだ、と
いうのも、ぜひ聴いて頂きたいポイントであります。

二胡などは指向性の強いマイクで音を拾います。
ギターはラインですが、飛び道具的なエフェクトも無し
二胡もギターもある意味で、楽器そのままの音です。
何の電子的な加工もしません、あるがままの音で
その弾き方、指先だけで音色を変えて演奏します。

ステージのSoukoとあたしの足下を見て下さい。
足で踏むエフェクターなど何にもありません(笑)
小手先で音を変えるものや、ループマシンとか何にも無いです。
あ、足を乗せる足台はあたし、使うけど(笑)

あとはもう本当に、MCなんかでは
お客様にどんどん話しかけるし、それに応えるのもまた
ライブの醍醐味でもあります。やりとりは楽しいですよ。
だからどんどん「ライブに参加」しているつもりで
聴いて頂ければな、と思います。

ライブが終わったらバンバン話しかけて下さい。
というより、あたしやSoukoからバンバン話しかけますから(笑)

しかし、あたしの昔の曲を耳だけで聴いて
全く同じか、いえ、あたし以上のテクニックで
コピーして下さる方々がおりまして(^-^)
ただただ関心、尊敬しております。いえ、本気です。

今となっては打ち込みなどポンコツなあたしより
バリバリ現役で打ち込みをされている方の方が全然良いし、
仮にもその音源を原作者がライブで使った、という実績が
その方の自信や、その方のお名前を公に出来る手助けが出来るなら
おこがましいお話ですが、後進の育成という意味では
あたしもまだ少しはお役に立てるかな、などと考えております。

二胡とエレキギターのハモりなんてのも
聴いてみたいでしょ(笑)やってる人ほとんど居ないしね。
マイナスワン音源の話は、承諾を頂いて実現したら良いなぁと。
あたしもギンギンのエレキ弾きたいのよー。

そんなお話もね、今回ではなく次回のライブに向けて
進められたらな、と思っております。

会う、っていうのは素敵な事です。

あたし達もファンの皆さんに直接お会い出来る事を
とてもとても楽しみにしています。

緊張するのは演奏するあたし達だけで良いのです。
ぜひ、リラックスして深く思い出に残る日となるよう
あたし達も良い演奏が出来るよう頑張りますので、
ぜひ皆様も前のめりで(笑)、楽しみに来てくださいませ。

久しぶりにこのライブではメガネではなく
ライブ中はコンタクトレンズ仕様で出演します(笑)
ほんとはメガネはイヤなんです、
睡蓮はギタリストとしてカッコ良く出たいからねぇ。

さ、また練習しよう。
クーラー付けて(笑)

画像


↑この画像ね、もし良かったらバンバン使って
あちこちで宣伝してくれたら嬉しいです(^-^)
よろしくお願いしますm(_ _)m

月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
キーボードで打ち込んでから後からギターを重ねて作ってるイメージがありました。
とかげ
2017/07/25 20:41
とかげさん
1stアルバムはすべて人の演奏です。
ドラマーのカウントで全員が演奏したものをCDにしています。

逆に2ndアルバムはキーボードで打ち込んでから
ヴォーカル、コーラス、ギターを多重録音しています。

それぞれの違いも気にしながら
聴いて頂けると楽しいと思います。
BUN
2017/07/25 20:58
睡蓮ライブ18日前 得之弦外/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる